副業でお金を稼ぐ方法2chまとめ -お金の増やし方・稼ぎ方-

せどり・株FX・アフィリエイトなど副業でみんながやってるお金を稼ぐ方法&失敗談などの2chまとめブログです



◆相互RSS随時募集中!お申込みはこちら
2018 06/17

超小型ジェット機分野で世界首位に立ったホンダと5度の納入延期をしてる重工の違い

1: 2018/06/16(土) 17:38:42
ビジネスジェット機「ホンダジェット」(最大7人乗り)が、昨年の超小型ジェット機分野で米セスナを抜き、世界首位に立った。一方、同じ国産旅客機である三菱重工の「MRJ」(70席~90席)は、開発が難航し、5度の納入延期を重ねている。2社の違いはどこにあるのか。法政大学大学院の真壁昭夫教授は「ホンダは個人中心、三菱重工は組織中心で開発を進めてきた」と指摘する――。

新製品の創造は「組織的な力」だけでは不十分
2017年、本田技研工業の小型ジェット機「ホンダジェット」は、世界の超小型機(パイロットを含めた乗員が10人未満のビジネスジェット機)市場で世界首位に立った。2019年前半には丸紅と組んで、国内向けの出荷が開始される予定だ。ホンダは、小型ジェット機という新プロダクトを国内に導入し、より便利な移動への需要を取り込もうとしている。

ホンダジェット開発の背景には、新しい技術や最先端の理論を駆使して、従来にはないプロダクトを生み出そうとするアニマルスピリットがある。特に、自社が取り組んでこなかった新しい製品などを生み出そうとする場合、そのプロジェクトを実行する企業のコミットメントが欠かせない。パーツの生産など関連する分野での組織的な力があれば、新しい最終製品の創造が実現可能とは限らないのである。

ホンダのモノづくりは、夢を追求する情熱に支えられてきた。チャレンジする心理を引き出していくことが、同社の飛躍には欠かせない。わが国の多くの企業にも、同じことが言えるはずだ。

夢を追求し成長を遂げてきたホンダ
ホンダは、常に技術力を磨き、二輪車や自動車など、より便利なプロダクトの開発に注力してきた企業だ。新しい製品を生み出して、便利な暮らしを支えたいという“夢”を追い求め、それを実現する個人のエネルギーが同社の原動力といえる。

同社の歴史を見ると、それがよくわかる。1946年、ホンダの創業者である故本田宗一郎氏は、旧陸軍の発電機を自転車に搭載し原付バイクの原型を開発した。同氏を突き動かしたのは、便利な乗り物を作りたいという情熱だった。その後、ホンダは原動機の開発と生産に進出し、二輪車の開発力を蓄積していった。

1954年に同社は、国際的なバイクレースへの参入を表明した。そこには、世界最高峰と謳われたレースに参加できるだけの技術を開発し、より良い製品の開発につなげようとするスピリットがあったはずだ。
http://president.jp/articles/-/25428



元記事:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1529138322/

3
GEと組んだか組まなかったか。三菱重工のプライドが許さなかったな。


8
>>3
MRJの場合、そもそもエンジンはアメリカ製なんだが


5
ケチつける気はないがホンダジェットって国産の扱いでいいの?


68
>>5
ケチつけるもなにもホンダジェットはアメリカ産だろ


91
>>5
エンジンは、ホンダ社が独自開発した小型のターボファンエンジン HF118を基本にGEホンダ・エアロエンジン社が開発・製造したHF120を搭載する。
騒音基準と排気ガスに関する環境基準については、ICAOのチャプター4をクリアする。TBO(Time Between Overhaul, オーバーホール間隔)は5,000時間と長めに設定されている。
。エンジンまで自社製なのは世界的にも珍しい[


93
>>5
日本産だろう。
航空機は一機売ってなんぼの儲けじゃなく、後々のメンテナンスなどで黒字にしていく業態。
黒字になるまでの資金がどこから出るかというと、ホンダ。
工場にはホンダジェット専用のフライトシミュレータもあり、あっ、こういう所にも巨額の金を必要とするんだと驚く。

ホンダの資金力を背景に、「ホンダ エアクラフト カンパニー」の藤野道格社長の独創性に富んだ基本設計で作り上げた物なら、どこで作っても日本製じゃないかと思う。


139
>>5
その理屈でいうとMRJも外人が失敗したことになる訳か


170
>>5 素人なの?
    アメリカ航空局の許認可を受けるのには アメリカに工場をもってアメリカで生産するのが一番手っ取り早い

    重工みたいに日本で生産していると 試作段階で部品一つも その都度アメリカで検査しなくてはならず
                                              3倍4倍の時間がかかってしまうもんだよ


180
>>170
日本でも制度上は審査出来るよ。
役人がやったことないから出来ないだけで。


201
>>5
ダメ
ホンダエアクラフトカンパニーは米国企業であり工場も米国
設計、製造、営業、販売何もかもほぼ米国人
形式的にも実質的にも、米国産としか言いようがない

唯一の国産であるMRJが恥を晒しているからといって、しれっと「同じ国産」等とウソをつくのはみっともない


255
>>201
企画、基本設計、資本が日本だから日本産なんだよ
本社がアメリカだろうが社員の多くが外人だろうが会社の主導権がアメリカ本社だろうがPS4が日本産なのと同じことだ


245
>>5
日本出資のアメリカの機体じゃない?


6
アメリカと上手くやるのはホンダのほうが一枚上手だったということ


249
>>6
>アメリカと上手くやるのはホンダのほうが一枚上手だったということ

そう、なんだかんだ言っても飛行機を売った奴が勝ち
くやしければ三菱もせいぜい飛行機を売ってみるんだな


252
>>249
三菱はアメリカで飛行機生産販売した先駆者ですよ?
大昔の話になりましたが.....


7
システムの大きさとしては天と地ほどの差があるから、重工を責める気にはならないが、
エンジンもGEの手を借りたとはいえ自社で生産するホンダは大したものだと思う。


14
ホンダジェットのデザインって愛嬌があるけど高級感がないよね
大金持ちがあんなデザインで満足するの?


21
>>14
売れてるからそうなんだろ


30
>>14
ホンダジェットは最軽量小型のVLJ(Very Light Jet)カテゴリー
自動車で言えば軽自動車やコンパクトカー
高価には違いないが"大金持ち"向けの商品ではない


23
MRJもアメリカ国内で、アメリカ人主体で設計から製造までやっていたら、上手く行ったんじゃない?
日本国内での設計と製造では、先の大戦の戦勝国側が許さんのでは?


25
三菱重工を重工って略すかあ?


72
>>25
川崎重工「おい待てよ」
石川島播磨重工「ふざけるんじゃねーよ」
富士重工「スバルに変わりました。テヘペロ」


26
GEに丸投げしたか自社開発に拘ったかの違いだろ


27
MRJの設計は経験のない日本人、
ホンダジェットの設計は経験あるアメリカ人とドイツ人、

その差だよwww


47
>>27
設計の問題よりも検査項目への対応力の問題。
司法試験合格者に東大出身が多い理由と同じ。
もしMRJを成功させたいのならば国策でやりきる覚悟が必要。試験飛行を他の何倍もして、日本航空に買わせて、10年も経てば後継機を買ってもらえる。戦後の断絶はそれほどのもの。


96
>>47

明治維新みたいにお雇い外国人を国策でやった方が
戦勝国のプライドも満たされるしもっと早いと思う
国策といってもそれは鎖国


31
元々、参入が難しい所に打って出たことだけは評価する。
ただ、有能な技術者がいなかったんだなとは思う。

もともと、上手くいくか分からない博打のような
市場参入なので、もっと計画的にやっているのかと思ったし、
一人ぐらい世界水準を抜けている技術者がいるのかと思ってた。

もう結果は出てるから、結果だけ見ると、
普通の技術者が普通の発想でやってただけだね。
ライバルに勝てるわけがない。
機体構造がどうのよりも、エンジンが一番の売りだったんだろ。
機体構造だけでいえば、本田との比較もできるが、
ホンダほどの目新しさは全くない。


34
難易度が全然違うもんな

ホンダジェットの半分くらいの価格のプライベートジェットがあるが、
会話にはヘッドセットが必要で、まっすぐ立てもしない、移動のための最低限でタクシーみたいな飛行機
でも安いんでめっちゃ売れてる、比較する対象としてはどうかと思うわ


35
三菱は国や企業から頼まれてたモノを作るだけの大会社でフロンティア・スピリットとか欠片もないでしょ


40
世界3位のエンブラエルは1969年創業なんだってね
同じ第二次大戦以降なのにこの差はなんなんだろうね


65
>>40
多分だけど、当初はエンブラエルがブラジルの国営だったから、技術の蓄積までに余裕があり、
かつブラジルが航空機の必要な広大な面積を有していたからでしょ 創業の時期も良かった

日本は航空機の技術を甘く見ていたんじゃない? それとアメリカによる妨害もあった
今でも軍用の飛行機は海外製か、プラックスボックスのあるライセンス生産ばかりだからね

フランス語が同じラテン語系で、母語のポルトガル語と近いというのもメリットになっただろうね
ブラジルは技術者をフランス語圏からも引っ張ってくることが可能だったからね


154
>>40
飛行機を必要とする大陸国家とあまり必要を感じない島国の違い


42
ホンダと三菱重工の製品が比較対象でないことは分かるが、
ビジネスとしては比較できるんじゃない。ビジネス版だし。

もう結果は出てるから、ぼろくそにたたくのは卑怯だと思うけど、
三菱重工の方は計画が本当にお粗末だったね。
国の政策と結びついて、ビジネスプランを作ったんじゃないのと思う。


44
中島飛行機のSUBARUは作らんのか?


45
>>44
ビジネスジェットの独自企画は大昔に断念しました
今後手を出すとも思えないす


278
>>45
トヨタが株握ってるしな


50
三菱もMU-2 -> MU-300 -> MRJと続けていればね

所詮はサラリーマン経営者だから、ちょっと商売が怪しくなると思い入れもクソもなくて、簡単に辞めてしまう。
それまでってことだ


55
>>50

まさにそのとおり。


52
まあ、もともとは国の研究機関が始めたのを
三菱が事業化で手を挙げてやりはじめたものだし
ボーイングの下請け仕事や過去の自社開発やライセンス生産のとから
簡単にいけると勘違いしたのだと思う


54
技術で切り開いてる企業は、トップの情熱が凄いよね、
各国共通してるんじゃないの。


56
どうでもいいけど、一番核心的な情報たる「なんで三菱が5回も延期してんの?」
って情報が抜け落ちてるんだけど

ここの肝心要な部分が、判断材料なけりゃ三菱がどうたらとかホンダがどうたらとか
言えないと思うんだが

つか、なんで開発難航してるの?


58
>>56
> つか、なんで開発難航してるの?
きょう日の旅客機は、その安全対策が半端なくて、その対応に苦労しているってことかと

日本もP-1やC-2みたいな軍用機は作れるが、それとは求められるレベルが全く違うんだよw


57
エンブラエルやボンバルディアは、小さなプロペラ機から始めているんだよなァ
その歴史は50年って感じかとw
日本のYS-11みたいに大きな機体ではなく、もっと小さな飛行機から始めている

三菱にしても、YS-11にしても、それこそエアロスバルにしても、石にかじりついて頑張らないとダメってことかと
当たり前だが経験を積んで今があるのであって、いきなりジェットに挑戦したのだから苦戦も仕方がない

因みにホンダジェットの次はどうするか?
20席程度の大型ビジネス機かなァ
個人的にはAW609的なニッチに行って欲しいがサテ


226
>>57
なるほど
ホンダジェット→大型化
三菱ジェット→小型化

30人のりぐらいを共同開発するかもしれんな


62
10席程度と90席じゃ設計が全然違うだろ
大型になればなるほどエアコン一つとっても配管の問題や、
配管内外の結露の水の処理やらなんやら、細かいノウハウが必要なんじゃね。


279
>>62
大型のが細かい物の配置や取り回しに自由度が生まれそうだがな


73
ボーイングすら作らないエンジンを作る本田すごい
まあロールスロイスの真似だけどな


76
>>73
エンジンのホンダと言ってだな。
シャーシはヘナチョコなんだ。


79
>>76
チョット違う

ホンダはターボを内製していたのが大きい


83
>>79
あれ?
RA168Eとかシティターボの時代はIHI製タービンだったはずだが。


87
>>83
最近はともかく、昔はやっていた。その経験が大きい
VGとかクソもあったが、試行錯誤で経験が蓄積されたってのが、大切なことですワ
基本、ターボってジェットエンジンと繋がっているからね


75
ふと思ったが、IHIはどう約すかな

石川島?
播磨?

ドッチもありかな


78
>>75
そりゃ普通「石播」でしょ。
株式相場でもそう言ってる。


81
>>78
ありがとう

オレは勝手に播磨って言っていた


89
>>75
約すも何も正式な社名はもう「IHI」なんだが・・・

前は俺ら取引先は「石川島」と呼んでた。一部、新聞記者とか「石播」とかよんでる奴もいたけど・・・


94
>>89
普段はなんて言っているの?って疑問w
IHIってなんか発音がし辛いというか
オレたちの社内では石川島って言っていた


82
小型機と比べるのはちょっと酷かな


86
ターゲットの違い
ホンダは金持ちの個人ジェット用
重工は航空会社用の近距離定期便用


98
> ホンダは個人中心、三菱重工は組織中心で開発を進めてきた

こういういいわけを書くのは本当にやめろ。
本質は、ホンダの人間が優秀で、三菱重工の人間は無能だっただけ。

三菱の人間は無能という事実の認識から始めないと、永遠に同じことを繰り返す。


101
>>98
> 三菱の人間は無能という事実の認識から始めないと、永遠に同じことを繰り返す。
つきあった三菱の人って優秀だよw
超真面目でYシャツは白い無地以外は認めないみたいなw
そして凄くプライドが高いんだよね
全身からプライドが発散しているというか…
その辺りが障害になったんじゃねーかなァ、と思う


114
>>101
それだと優秀な人間がなぜ航空機も客船も作れないのかという結論に達してしまう
組織がダメにしているのか、プライドが邪魔しているのか
たぶん自動車メーカーの技術者の方が職人気質で優秀だろう
マツダの特集見たことあるが、三菱零戦みたいに肉抜きとかしまくってた


105
>>101
全般に優秀な人が優秀な製品を開発できるわけではないしw

学校の成績でオール5だけど平凡な人と、オール1だけどパソコンウイルスを作るのに天才的な人が、パソコンウイルス作る勝負をしたら、どっちが勝つか明白だろw

ようはそういう異才を持った連中をうまくまとめる社風があるかどうかだ。


109
>>105
だなw

結局、人を活かすも殺すも組織次第ってことかと


116
>>108
そんな風に薄っぺらだからアンタはダメなんだよ
まるで老害みたいな物言じゃんw

企業がチャレンジをして赤字を出すことは悪いことではない
豪華客船にしても航空機にしても、チャレンジをしたからこそ赤字になったってこと
常に黒字が正義なの?

アップルやインテルが倒産寸前まで追い込まれたって知っている?


123
>>116
三菱重工みたいな公共事業で食っている会社が、チャレンジしたところで
失敗してもなんの反省もせず、誰も責任を取らない。

挑戦は責任と背中合わせで、責任をともなわないなら、ただの道楽だ。
反省が無ければ進歩もない。


127
>>116
私企業、まして株式公開しているなら黒字で配当を出し続け株価を上昇させることが正義なのは当然
そうでなくて許されるのは例外
三菱重工が大赤字で事業撤退に追い込まれた大型クルーズ船(豪華客船ではない)にしても、開発継続中だが悲惨な状況に陥っている旅客機にしても
擁護するには情けなさすぎると思うが


100
ホンダジェットって実質アメリカ人が作ったって聞いたけど?
日本は金だしただけ
あまりマスコミがちやほやしなかったのもそのせいだろ
金出すだけなんてシナ人でも誰でもできるから

日本は教育に失敗したんだよ。アニメ鑑賞やカード遊び、ゲームばっかで育って
プラモデルすらろくに作れない日本の現役世代じゃ
ものづくりなんかできないんだよ。欧米人のほうがまだ工作するわw
子供の頃は工作して育ったバブル世代が境界線なんだよな
バブル~60代以上の定年退職者だけでやってたらMRJが完成した可能性高い


102
>>100
三菱のほうが、アメリカ人率とアメリカ製の部品率が高いぞw


115
本田は今でもエンジニア系の会社なのかな・・・・・・

三菱はお役所体質か


122
世界から優秀な人を集めて作るという時代だからな。
アメリカなんて、優秀な移民を集めているからこそ
最新技術がどんどんでるからな。
日本純正ばかり拘ってもビジネスは上手くいかないだろ。


126
ホンダジェットは藤野道格という強烈なリーダーがいて、極論すれば「エンジンを翼に乗っけようぜ」という彼のアイディアが根幹になってる
一方で、MRJはそういうのが全然見えないよな
プロジェクト自体が大きいのはその通りだけど、それを管理できる力量のリーダーがいなかったんじゃないか?


137
>>1、そら、世界経済が回復基調で数多くの富豪やマネ餅実業家をターゲットにした

営業がホンダに合ったんだろ?

大型ジャンボは多国籍で作っててそこに食い込むのは単独でどうにかなるものじゃない。

海外の軍事産業に参入するのと同じw


174
いうてもホンダも巨額の赤字を抱えてる

ただ企業イメージへのプラス効果が半端ないので
広告費だと思えばクッソ安い


関連記事

この記事と関連する記事

超小型ジェット機分野で世界首位に立ったホンダと5度の納入延期をしてる重工の違い

ホンダジェットビジネスジェットMRJ

スレッドテーマ : ビジネス ジャンル : ビジネス

(-)TB(-)

AFTER「コスメブランド「ラッシュ」のフットパウダー「パパの足」が爆発的人気。「全然足臭くならない」とSNSでも話題

BEFORE「担担麺専門店、笑顔じゃないと出勤できないシステムを導入。笑顔度が足りないと「笑顔度が規定値より不足しています」 ← 外食産業人手不足なのに・・・・

Top