副業でお金を稼ぐ方法2chまとめ -お金の増やし方・稼ぎ方-

せどり・株FX・アフィリエイトなど副業でみんながやってるお金を稼ぐ方法&失敗談などの2chまとめブログです



◆相互RSS随時募集中!お申込みはこちら

「仕事」のタグを含む記事の検索結果

ワイ、人並みの給料を稼いでるアニメーターやけど何か質問ある?

1: 2018/07/07(土) 12:13:27 作打ちなくなって暇なんだよ構え 元記事:http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1530933207/...

厚労省「残業が月45時間超えたら企業は健康対策をさせろよ!」 ・・・サービス残業は残業に含まれますか?

1: 2018/07/14(土) 04:17:57  厚生労働省は2019年春から導入する残業時間の上限規制で、原則の上限である月45時間を超えて残業させる場合、社員の健康を守る対策を定めることを企業に義務付ける。内容は限定しないが、深夜勤務の制限や、退社から出社まで一定の時間をあける制度の導入などを求める。企業が安易に、残業時間を延ばせないようにする。  労働政策審議会(厚労相の諮問機関)で決める。労働基準法に基づく省令で...

学生さんは即戦力、超青田買いが広がる。長期インターンシップで来る学生を社員並み戦力として使う

1: 2018/07/15(日) 18:20:32 金の卵から青田買い、お祈りメール。就職を巡るキーワードは日本の世相を映してきた。これからのキーワードは「超青田買い」か。企業は若い人材の確保を急ぎ、先端技術分野ではインターンシップ(就業体験)に訪れる大学生を社員並みの戦力と考える。技術進歩の速いデジタル経済を見据え、人材獲得競争も早まっている。  都内の大学に通う大学3年生の石井大智さんは、2つのベンチャー企業でイン...

働き方改革法案の成立で正社員の過労死リスクは上がる?同一賃金同一労働は正社員の給料下げに利用されるか

1: 2018/07/10(火) 16:25:15 働き方法案が成立した。  これまでさんざん、多くの人たちが問題点を指摘し続けたにもかかわらず、全く修正されることもなく成立。私も法案の危険性を吠えていた一人なので深いあきらめの境地に至っている。  しかも、世間の関心が低い。「自分には関係ない」と思っている人が多いのか、「何をしたところで、今のしんどい状況は変わらない」という諦めなのか、はたまた「サッカー観戦で忙しか...

経営者「もうマジで終身雇用したいんだけど!」 外国人技能実習生頼みの製造業。

1: 2018/07/08(日) 05:59:18  深刻な人手不足を背景に、製造業の中小企業で外国人技能実習生の受け入れが広がっている。技能実習制度の前提である「日本の技術を途上国に移転する国際協力」を意識しつつも、労働力として制度に頼らざるを得ない実情がある。  北九州市にある金属加工の上津役(こうじゃく)製作所では、2人のインドネシア人が溶接を中心に加工などにたずさわる。昨年4月から受け入れた外国人技能実習生だ。 ...

ピンハネと言う多重請負が日本を貧しくしている。中には5次6次下請けなんて事例も

1: 2018/06/29(金) 16:21:16 懸案の「高度プロフェッショナル制度」を含む労働基準法改正案、28日中に参議院厚生労働委員会で採決されるかどうかで、与野党の攻防が激化しています。 この記事が皆様の目に入るときどのような状況になっているか、なんとも言えません。 年収・職種などの要件が適合する労働者については残業代を支払わなくてもよいなど、労働基準法の適用除外を作る制度ですが、非正規雇用が進み労働環境の問...

国会で「働かせ放題」は財界・大企業からの要求であると答弁。高プロに労働者からのニーズはなし

1: 2018/06/27(水) 18:48:17 参院厚生労働委員会で採決強行がねらわれている「働き方改革」一括法案。その柱である「残業代ゼロ制度」(高度プロフェッショナル制度)は、労働者の要望ではなく、財界・大企業の要求であることが国会審議で明らかになりました。労働者の命と健康を犠牲にする「働かせ放題」の制度をもくろむ財界いいなりの安倍政権の本質が浮き彫りとなっています。 「残業代ゼロ」10年来の野望  「高プロは...

長時間の通勤地獄が日本人の生産性を大きく下げている。一日1424億円もの損失額との試算も

1: 2018/06/28(木) 00:00:35 <長時間通勤の損失額を算出するのは難しいが、時間当たりの給与で試算してみると天文学的な数字に> 日本は労働時間とともに通勤時間も長い国だ。1日片道1~2時間の通勤など無駄の最たるもの、それが日本人の労働生産性を下げている――こういう主張はよく聞くが、それでは金銭にしてどれほどの損失が出ているのか。 2016年の総務省『社会生活基本調査』に、有業者の通勤時間(1日あたり)の度数...

40万人の人材不足と40万人の職余りが同時に起こるIT業界の潜在的雇用ミスマッチがすさまじく恐ろしい。

1: 2018/06/25(月) 18:09:54 最近、経済産業省の官僚の人たちと会う機会があり、IT人材の件でも議論したので、改めて世間で騒がれている「技術者不足」の実態を調べてみた。まず経産省が2016年6月に発表した調査結果では、2015年の段階でIT人材が17万人不足していたとする。さらに2020年には29万人、2025年には43万人と不足人数が拡大していく見立てだ。経産省は定期的にIT人材不足を騒ぎ立てるので、この数字は話半分でよい。 ...

正社員の平給与が40代だけ下がっている件。非正規も含めたらもっと酷いことに・・・。氷河期世代はどんだけ不遇なんだ・・・

1: 2018/06/25(月) 22:31:58 内閣府は25日、正社員の2015~17年の平均給与を年齢層別に5年前(10~12年)と比べたところ、40代だけが減少していたとの調査結果を発表した。バブル期後半の大量採用組や人口の多い「団塊ジュニア」が40代に当たるが、管理職ポストに限りがあり、部長や課長への昇進が全体的に遅れていることが背景にあるという。  調査は多くの企業で正社員に相当する「雇用期間に定めのない労働者」を対象に、基...

Top